1. ホーム
  2. 抗うつ剤についての情報
  3. ≫当然ながら抗うつ剤を使用すれば必ずうつ病が治るとは限らない

当然ながら抗うつ剤を使用すれば必ずうつ病が治るとは限らない

抗うつ剤を使用したことで、うつ病を克服できた人がたくさんいることも事実です。そういう意味では、大いに活用するだけの価値はあると思います。

ただ、当然ながら使用したからと言って、必ずうつ病が治るとは限らないことも覚えておかなければなりません。

■あくまでも精神を落ち着かせる薬
抗うつ剤というのは、決してウイルスや細菌を消滅させるわけではありません。あくまでも、精神を落ち着かせる薬となっているので、確実に効くという保証はないのです。

うつ病というのは、いわば心の病気であるわけですから、具体的にどこが悪いというのは判断できないのです。まだまだ解明できていないことも多いので、完治できる治療法がないのが現状なのです。

■どういても個人差に左右される
抗うつ剤での治療は、どうしても個人差に左右されるのです。症状の進行具合であたったり、その人の体質や免疫などから、効果や効き目の方も大きく左右されるのです。

したがって、全く同じ製品を使用したとしても、人によって確かな効果を得られることもあれば、あまり改善ができないケースもあるわけです。

だからこそ、より自分に適した物を選ばないといけないのです。

■最終的には自分の気持ち次第
抗うつ剤は、うつ病を克服するサポートはしてくれるでしょう。ただ、それだけで全てが改善できるわけではなく、最終的に完治できるかどうかは自分の気持ち次第なのです。

うつ病を治したいという強い意思を持つことによって、克服を目指すことができるのです。だからこそ、どの抗うつ剤を使用するかはとても大事かもしれませんが、何よりも自分がうつ病としっかりと向き合うことによって、本当の意味で完治することができるわけです。