1. ホーム
  2. 抗うつ剤についての情報
  3. ≫うつ病を治すため抗うつ剤を使用するメリットとデメリットを知る

うつ病を治すため抗うつ剤を使用するメリットとデメリットを知る

うつ病を治したいのであれば、やはり抗うつ剤を使用するという選択肢にたどり着く人は多いでしょう。ただ、あくまで薬を使った治療なわけですから、しっかりとメリットとデメリットを把握した上で検討することが求められます。

■抗うつ剤にはどんなメリットがあるのか
まずメリットについてですが、やはり自分の力だけではうつ病を改善させることは難しいですから、抗うつ剤はその大きなサポートになってくれるのです。気持ちを落ち着かせてくれたり、眠気を深めてくれたり、やる気を引き起こしてくれたりするのです。

結果として、かなり早い段階で症状を改善させることができ、最終的には完全にうつ病から解放されるかもしれないわけです。もし抗うつ剤を使用していなければ、これから何年間も悩まされることになっていたかもしれないので、この薬に助けてもらった人もたくさんいるでしょう。

■デメリットがあることも忘れてはいけない
ただ、抗うつ剤にはデメリットがあることも忘れてはいけません。まず何といっても、副作用は欠かすことができないでしょう。最近では副作用の方もかなり小さくなっている傾向にありますが、それでも色々な症状を引き起こすことは避けられません。

他にも、金銭面の問題もあるでしょうし、用量などもしっかりと守らないといけないので、そのあたりの管理も大変だと言えます。そして何より、抗うつ剤を使用すれば絶対に効果が得られるとは限らないので、そればっかりはどうしようもないのです。

■安易に使用することだけは避ける
必ず守らないといけないのは、うつ病の症状が現れたからといって、安易に抗うつ剤を使用することだけは避けるようにしましょう。必ず医師の診断を受けて、しっかりと情報収集をした上で決めるようにしましょう。