よく耳にする抗うつ剤とはそもそも一体どういったものなのか

メディアやネットなどでよく耳にする抗うつ剤ですが、そもそも一体どういったものなのでしょうか。名前からすれば、やはりうつ病に対して効果があるイメージを持つと思います。

■うつ病を抑制させる医薬品
抗うつ剤は、簡単に言えばうつ病を抑制させる医薬品となっています。気分が落ち込んだり、全くやる気が出なかったり、食欲が湧かないなど、そういった症状を改善させる効果があるのです。

そのような時に、精神科医に行って診断してもらうと、必ずと言っていいほど処方されるのです。もちろん、服用すれば必ず効果があるというわけではないのですが、少なくともそれによってうつ病が改善されたという人はたくさんいるわけです。

■精神的な症状を抑える
うつ病というのは、風邪やインフルエンザのように、菌やウイルスによって陥るわけではありません。したがって、抗うつ剤に関しても、風邪薬やワクチンなどと違って、物理的に悪性物質をやっつけるわけではないのです。

あくまでも精神的な症状を抑えることを目的としているので、効果のほどに関しては個人差があるわけです。そのため、どうしても人によって効き目がある人とそうでない人はいるのですが、何もせずに悩みを抱えるぐらいであれば、使用することを検討すべきだと言えます。

■どういった効果があるのか
抗うつ剤は、主に脳内の神経伝達を落ち着かせて、脳内環境のバランスを整える効果があるのです。それによって、精神的に気持ちを落ち着かせることができ、うつ病の症状を改善させることができるわけです。

ただ、当然ですが精神というのは物理的に存在しないわけですから、それに対して効果を与えるというのは、かなり特殊な医薬品だと言えるかもしれません。

ほとんどの薬は、何かしら直接的な効果を与えることを目的としていますから、そういった意味でもかなり珍しい存在なのです。

参酌:ファベリン(ルボックス)の海外通販・個人輸入なら送料無料のTOP http://www.ntp-k.org/medicine/mental/faverin.html

■副作用はあるのか
抗うつ剤は医薬品であるわけですから、副作用に関する不安もあるかもしれません。もちろん、薬の種類やその人の体質によって個人差があるので一概には言えませんが、多少なりとも副作用があることは事実です。

例えば、喉の渇きであったり、便秘や頭痛を引き起こしたり、眠気を感じるような副作用が生じることがあります。特に、他の薬を服用してる場合や、免疫が低下している時期などは、使用は慎重になるべきだと言えるでしょう。

■どのようにして使用すればいいのか
抗うつ剤の使用方法に関してですが、もちろん医師の指導の元、適切な方法で服用するのが大前提となります。薬によって、効果の強さであったり、副作用の大きさも違ってきますし、何より自分の体質によっても変わってきますから、医師とも相談しながら決めるようにしましょう。

基本的には、新しく開発されたものを使用するのが原則となっており、また服用期間や用量などもしっかりと守るようにしましょう。

改善が見られたからといって使用を止めてしまうと、離脱症状が出てしまうかもしれないのです。

■まずはしっかりと知識を身につけるようにする
抗うつ剤の使用は、どうしてもある程度のリスクを伴ってしまいます。使い方を誤ってしまうと、重大な副作用が生じてしまったり、さらにうつ病を悪化させてしまうこともあるのです。

だからこそ、まずは正しい知識をしっかりと身につけるようにして、最小限のリスクで使用することが大切になってくるのです。

逆に言えば、正しく使用すればとても大きなサポートになってくれるのです。